VRと建築(4):VRがゴールではない

こんにちは、スタッフのsugiです。

VRをある程度触って思うのは、VRはあくまでデジタルフォーマットのひとつに過ぎない、という点です。

人類の究極の発展先にVRがある、すなわち現実世界が仮想世界で代替可能になる状況はいずれ可能でしょうが、さしあたっての未来では、VRが唯一の解ではないということです。

特に、ヘッドマウントディスプレイというUIが厄介で、普及の壁です。

また、VRが「没入感」を必須とするため、高い描画処理を常に必要とするのも、高スペックPC(およびPCとの有線接続)が前提となり、壁です。

ここ10年ほどで、人々が据え置きPCやキーボードやマウスから離れ、モバイル端末やIoTや音声UIが台頭してきた流れを考えると、大掛かりな装置を新たに必要とする手段は普及が難しいと思います。

モバイル+Webでのカジュアル化

将来的には、インターネットの高速化に伴い、主要部分はサーバーでリアルタイムレンダリングしたものをモバイル端末で表示する形が一般になるのではないかと予想しています。

(量子コンピュータぐらいの革新がない限り、クライアント側での処理=ハードの高性能化では追いつかない気がします。)

もうすぐブラウザの正式版に乗りそうですが、WebVRがいずれ普及すると思うので、VRのモバイル化の流れ+ゲームを中心としたカジュアルなコンテンツ、という方向で少しずつ地道に拡大すると思います。

JSだけでVRできる!『WebVR』ことはじめ

今年はVR元年と呼ばれています。 実は過去にも何度かVR元年と呼ばれ、VRが来る、と言われていた年があります。 ですが、今年はいよいよそれが本格的になりそうな状況になってきました。 そこで今回は、「今

視覚・聴覚だけでなく触覚などまで含めた高度なVRは、据え置きゲームをのぞけば、いわゆるゲームセンターやイベント会場など一部の特別な場所で体験するような形になる気がします。

KAT WALK – A NEW VR OMNI-DIRECTIONAL TREADMILL.

KATVR is raising funds for KAT WALK – A NEW VR OMNI-DIRECTIONAL TREADMILL. on Kickstarter! Walk into the virtual worlds! No more constraints for your VR experience!

建築は、使いみち次第ですが後者のコアな形が多そうです。

前者のようなカジュアル型だと、内見の例がすでにありますね。

日本財託 法人営業部 サンプル物件 問い合わせ先 0120-504-500 – Nihon Zaitaku の3D Stylee(スリーディースタイリー)で制作された360度全天球写真VRコンテンツ

360度全天球写真などを使ったウェブで再生できるVRコンテンツです。 1階バルコニー, トイレ, 洗面所, 廊下, 2階廊下, 2階バルコニー, 2階洋室A, 2階洋室B, キッチン, ダイニングを見ることができます。

VRよりも

一般人として使う側からすると、ARやMRの方がずっと使いやすいです。

せいぜいがメガネ程度のデバイスか、モバイルプロジェクタで、現実世界に身を置きつつアナログに近い感覚で仮想世界と関係していく方が「自然」です。

建築分野だと、図面にスマートフォンをかざすと3Dで完成予想データが見えるというのはよく目にするデモです。

VRは現実世界を置き換える究極の未来であり、その分、今すぐ色々なことができるものではなさそうです。

↓このデモがARでできるとすごそうです。

いずれくる本格的なARの一歩としては、GoogleのTango Projectに期待しています。既に対応端末も出ています。レイスリーでも、Zenfone ARの登場を待って検証をはじめていこうかと検討中です。

Tango

See more of your world.

ZenFone AR (ZS571KL) | Phones | ASUS USA

ZenFone AR is the world’s first smartphone with Tango and Daydream by Google. Tango is an exciting new augmented reality (AR) technology that changes the way you interact with the world and expands your vision. And with Daydream, you can experience high-quality, immersive virtual reality (VR) with your phone.

前回:VRと建築(3):VR内のインタラクション

次回:VRと建築(5):建築パースとVR