Quadro K2000

愛用しているV7900の調子が安定せず、パフォーマンスドライバーもなかなか更新されないので、やっと3画面出力対応したQuadroK2000を導入。

パフォーマンス的にK4000がかなりよさそうなのだが、まずはK2000で試してみることに。

DisplayPortが4つのV7900に比べると、Displayportx2.DVIが一つという内容には不満がある。現時点でDisplayPort接続のモニタのみ、フォントの表示が甘い。DisplayPort x 3 にしてほしかった。
ベンチマークに興味はなく、実際の体感が重要であり、現在作業中の1000万ポリゴンのデータで試すと、パフォーマンス的にはV7900に劣らない。

もちろん、プロジェクター2台接続、モニタ1台という設定も可能である。


DisplayPortx2,DVIx1 3画面対応なので導入を決定したが、DPPx3以上欲しかった。


現在愛用しているV7900とのサイズ比較。
QuadroK2000は電源不要。


雄雌逆にしてほしかった、Displayport to DVI ドングル


ColorEdgeのキャリブレーションはColorMunkiとColorNavigator。

FaceBookでも更新中!詳細はイイネをクリック!

2 thoughts on “Quadro K2000

  1. 現在1300万ポリゴンでも問題なく動作中。
    やはりNvidiaは安定して3dsMaxとの動作は良好。

  2. DVIケーブルを交換したところ、文字のボケは改善。
    3000万ポリゴンでは流石に重いが、動きはします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *