VOLVO 完全 EV車ブランドに

VOLVOからサステイナブルな取り組みに関する大きな発表が3月2日にありました。

2019年からはPHEV車の導入に積極的になり始めましたが、今回の発表では、

2030年までに全ての車をPURE EV車のみのブランドとする宣言をしました。

それと同時にPURE EV車 「C40」を発表。

これは今年秋から100%オンラインで販売されます。

スマホで車を買う時代です。

最初の百台は3ヶ月で解約できるサブスクリプションというのも驚きです。

デザインはXC40に少し似ていますが、より未来的になっている印象です。



PURE EV車とPHEV(プラグインハイブリッド)の販売比率 2020年 12月

オランダ72%越え

ノルウェーでは約90%

スウェーデンで50%

ドイツ・イギリスでは20%〜30%

世界的にみてもEV車の売り上げは大きく伸びてきてます。

一方で日本はまだこれから本格的にという状況です。

ボルボはサステイナビリティーにも配慮し始めており、

2025年には、リサイクルプラスティックを25%以上使用し、

開発、生産、サプライチェーンに至る全ての活動を通じC02排出を40%削減。

インテリアはレザーフリーとしつつもラグジュアリーという新しい形を。

新車の販売の50%をEVにすることを目指するとのことです。

また、2040年までに、クライメイトニュートラル※の実現を宣言。


クライメート・ニュートラルとは

「クライメート・ニュートラル」とは製造工程で消費される電気エネルギーなどの発電で発生するCO2(二酸化炭素)などの温暖化ガス量を算出し、それに基づいて排出量削減証明書を購入することで、発生した二酸化炭素を相殺することです。

これまで安全に対する姿勢を追求してきたように、これからはサステイナブルも追求をしていくと宣言しています。




7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示