ZOAN METABERSE NFTランド

昨夜日本時間で0時に、フィンランドのメタバース・仮想空間クリエイションカンパニー大手のZOANによる、LAND販売が開始されました。


その様子を監視していましたが、今回販売分の10区画は完売となりました。(1区画3ETH。日本円で約100万円)




メタバースという仮想空間に建築を行い、そこで様々なことにトライしていくという内容で、今回そのデザイン性とフォトリアリスティックなメタバースというところに注目しています。




不動産価値やNFTとして高騰や資産運用などに興味はなく、

デザイン性があるフォトリアリスティックな空間づくり、建築に惹かれています。



20年前にセカンドライフというメタバースの世界でも、私はそれに特化してひたすら突っ走っていました。


弊社が目指すメタバースは


美・デザイン・快適



そんなメタバースの世界の必要性を考えている中で、セカンドライフの頃から一貫して感じているのは、現実に勝るものはなく、本物の自然に触れ、今をこの体で生きよう、です。



しかし、世の中には様々な条件下で生きている人々がいます。

五体満足ベースでの考えのみでなく、様々な理由で外に出れない人や、出たくても出れない、人に顔を見せられないなど、、、

著名人や芸能人もです。



そういった方々にも希望の光としてのメタバースの可能性があります。




さて、LEI THREEバーチャルオフィスも開設準備を進めていますが、


今後の活動として、弊社が培ったフォトリアリティCG技術を駆使し、



美・快適・デザイン性


にこだわった建築・メタバースに関わっていきます。





弊社に協力して頂ける企業や投資家・クリエーターさん、是非お声かけください。




それでも建築メタバース




閲覧数:39回0件のコメント