フォーラム記事

MIRAI AGENCY official
2021年5月28日
In サスティナブル
スターバックスなどで紙カップを使わずに、マイカップにドリップしてもらうサービスがありますが、 マイカップにもいろいろあります。 プラスティックではなく、竹素材を利用したエコカップのecoffee cup。 バンブーファイバーは、トウモロコシ繊維、コーンスターチ、アミノ酸由来の樹脂などからできています。プラスティック製品に多く含まれる人体への有害物質は含まれていません。 ※BPA,BPS,フタル酸エステル 使い捨て紙カップは、この30年だけで3兆個が土に埋められたとされています。 カップの平均寿命は十分以下。。。 皆さんも、バンブー由来のエコカップ利用をクールに始めませんか? デザインも豊富で気分も上がります!
エコカップ ecoffee cup content media
0
0
5
MIRAI AGENCY official
2021年4月16日
In FOODー 食
農業の性質上、一年生作物は毎年土壌から大気への炭素の正味放出を引き起こしてしまいます。 メジャーではありませんが、樹木やほかの長命のブドウ、灌木、ハーブなど、多年生作物にも基本食料になるものがたくさんあります。 木に実る基本食料としては、バナナやパンノキなどのでんぷん質の果実、アボカドなどの油が豊富な果実、ココナッツやブラジルナッツなどのナッツ類があります。 マメ科の木の多くは多年生で、チャチャフルトの木、キマメ、メスキート、キャロブなどがあります。 アフリカには基本食料となる樹木作物が豊富です。 パオバブ、マフラ、アルガン、モンゴンゴ、マルラ、ディーカ、モンキーオレンジ、モリンガ、サフー、、、、など。 現在、耕地の89%、約12億ヘクタールを一年生作物が占めています。残りの多年生作物が占める耕地のうち、4,700万ヘクタールでは多年生の基本作物が栽培されています。 一年生の基本作物から多年生の基本作物の栽培に転換された土地は、平均して毎年1ヘクタール当たり4.75トンの炭素を何十年間も隔離します。 今のところ、熱帯地域と北方寒冷地域には一年生の基本作物に匹敵する収量を上げることのできる作物の候補がありません。 多年生の基本作物が直面する課題は、機械収穫です。 しかし、その欠点ゆえに低所得国の多くの農家にとっては収入源になるとも言えます。 複数の基本作物を組み合わせた森林農場ならやっていける余地があるからです。 課題はありますが、長所が多く、森林農場、多層的アグロフォレストリー、間作林に根付く可能性があります。 樹木作物は土壌の浸食と流出を逆転させ、雨水の浸透率を高めます。 急すぎる傾斜でも栽培できます。 かなり乾燥した条件を好む種類もあります。 地球温暖化は、長引く干ばつから鉄砲水を伴う豪雨までの極端な降雨パターンをもたらしています。 多年生の基本食料となる樹木作物は、一年生作物が生育できない条件でもよく育ちます。 作物の転換は、小規模自営農業、村落、自然保護、収入と何重もの利益につながり、土地と資源のより賢明な使い道です。 2050年までの成果ランキング14位 CO2削減 20.19ギガトン 正味コスト 12.85兆円 正味節約額 67.09兆円
熱帯性の樹木作物 TROPICAL STAPLE TREES content media
0
0
28
MIRAI AGENCY official
2021年3月12日
In サスティナブル
VOLVOからサステイナブルな取り組みに関する大きな発表が3月2日にありました。 2019年からはPHEV車の導入に積極的になり始めましたが、今回の発表では、 2030年までに全ての車をPURE EV車のみのブランドとする宣言をしました。 それと同時にPURE EV車 「C40」を発表。 これは今年秋から100%オンラインで販売されます。 スマホで車を買う時代です。 最初の百台は3ヶ月で解約できるサブスクリプションというのも驚きです。 デザインはXC40に少し似ていますが、より未来的になっている印象です。 PURE EV車とPHEV(プラグインハイブリッド)の販売比率 2020年 12月 オランダ72%越え ノルウェーでは約90% スウェーデンで50% ドイツ・イギリスでは20%〜30% 世界的にみてもEV車の売り上げは大きく伸びてきてます。 一方で日本はまだこれから本格的にという状況です。 ボルボはサステイナビリティーにも配慮し始めており、 2025年には、リサイクルプラスティックを25%以上使用し、 開発、生産、サプライチェーンに至る全ての活動を通じC02排出を40%削減。 インテリアはレザーフリーとしつつもラグジュアリーという新しい形を。 新車の販売の50%をEVにすることを目指するとのことです。 また、2040年までに、クライメイトニュートラル※の実現を宣言。 ※クライメート・ニュートラルとは 「クライメート・ニュートラル」とは製造工程で消費される電気エネルギーなどの発電で発生するCO2(二酸化炭素)などの温暖化ガス量を算出し、それに基づいて排出量削減証明書を購入することで、発生した二酸化炭素を相殺することです。 これまで安全に対する姿勢を追求してきたように、これからはサステイナブルも追求をしていくと宣言しています。
VOLVO 完全EVブランドに content media
0
0
9
MIRAI AGENCY official
2021年3月11日
In FOODー 食
肥沃な土壌は、風化した岩石の破片と朽ちていく有機物の混合で決まり、ティースプーン1杯の健康な土には地球人口よりも多い微生物が存在します。 土壌微生物は以下の2つの役割を果たします。 ・微生物は死んだ動物や植物の有機物を分解し、重要な栄養素を生態系内の循環に戻す。 ・植物の根から出る浸出液、炭水化物と引き換えに、その重要な栄養素を根に、必要な場所に正確に供給する働き。 微生物は、窒素、カリウム、リンをはじめとする養分を供給して植物の世界を繁栄させ、気候変動対策にも役割を果たします。 世界中で出る固形廃棄物の半分近くが有機物、すなわち生分解されるものです。 分解されるのに数週間から数ヶ月かかります。 その主な原因は食糧廃棄物、そして庭や公園から出るゴミ扱いの葉です。 現代では大量の有機廃棄物が埋立地に行き着きます。 そして酸素がない状態で腐敗すると、二酸化炭素の34倍にもなる強力な温室効果ガス、メタンを放出します。 人間活動が原因の地球温暖化の4分の1はメタンガスだけが原因だとも言えます。 堆肥化は、裏庭のゴミ箱から事業経営まで規模は様々ですが基本的な過程は同じです。 有機物という微生物のご馳走を欠かさないのに十分な、水分、空気、熱の確保です。 細菌、原生動物、真菌類は炭素が豊富な有機物を食べています。 堆肥化は20世紀初めからありますが、現代の都市では特に有益です。 人口が密集している都市部での食糧廃棄物管理は大変ですが、以下の取り組みが行われています。 ・2009年サンフランシスコは市の食糧廃棄物の堆肥化を義務づける条例を可決。 ・シアトルは歩道のゴミ箱を監視し、市の対比化の規定に違反した人に罰金を科す。 ・デンマークのコペンハーゲンは有機廃棄物を埋め立て処理をしなくなり25年以上。 その結果、コスト削減、肥料生産、炭素削減と3重の利益を得ている。 リサイクルと同様に、堆肥化の運営を成功させるには、廃棄物処理について市民を教育することが必要です。 また、廃棄物の収集、輸送、処理に必要なインフラを構築し、対象を絞った収集計画を整備することが必要です。 2050年までの成果ランキング60位 CO2削減 2.28ギガトン 正味コスト -6.82兆円 正味節約額 -6.51兆円
0
0
13
MIRAI AGENCY official
2021年3月09日
In FOODー 食
環境保全型農業を実践する農場に「鋤(すき)」は存在しません。 畑を耕して反転して上になった土から水分が蒸発され、土中に蓄えられていた炭素が大気中に放出されることもあります。 そして、逆に土の養分が乏しくなり、生命力が低下してしてしまう可能性があるのです。 環境保全型農業は3つの根本原則に従います。 ・土壌攪乱(かくらん)を最小限におさえる。 ・地曳植物を維持する。 ・作物の輪作を管理する。 化学肥料や農薬を使う時点で、環境再生型農業とは異なります。 南米、北米、オーストラリア、ニュージーランドでは盛んに行われています。 農家がすぐに採用できることができ、さまざまな利点を実感できるというのが理由です。 農家は土を耕さず、そのまま土に種をまきます。 収穫後は保護するために作物残渣を残すか、被覆植物を育てます。 保水性があれば畑は干ばつに強くなり、養分保持は土壌肥沃度の向上につながり、肥料の投入量も減らせます。 そして、採用した農家はコストダウン、収量量・収入の増加を経験します。 西洋諸国では、除草剤や遺伝子組み換え作物を多用しているという評判もあります。 環境保全型農業で隔離される炭素は多いとは言えません。 平均すると1ヘクタールあたり1.25トンです。 しかし、世界中で一年行われ合計すれば、農業生産の圧倒的多数を占める分野を温室効果ガスの正味排出源から正味炭素吸収源に変えることができます。 また近年増加している、長期干ばつや豪雨など気候異常に対する土地のレジリエンスも高めるので二重に価値があります。 農家に対して教育、物的支援、経済的支援を行うプログラムが広がれば、さらに何百万人もが環境保全型農業を採用し、その恩恵を受け、炭素貯蔵庫として農地の力を強化できるでしょう。 2050年までの成果ランキング16位 CO2削減 17.35ギガトン 正味コスト 4.01兆円 正味節約額 226.84兆円
環境保全型農業 CONSERVATION AGRICULTURE content media
0
0
16
MIRAI AGENCY official
2021年3月08日
In FOODー 食
農業の方法は2つあります。 工業型農業は広大な面積に単一作物を植えます。 間作林のような環境再生型農業は土の健康と生産性を高め、生物学的な原則との調和を図ります。 そして肥料などの投入は少なく、より健康で収量増という結果が出ます。 間作林は土壌の炭素含有量と土地の生産性を高め、防風林を役割を果たして土壌侵食を減らし、鳥や虫の生息地になります。 深く根を張った植物が、下層の土のミネラルや養分を根の浅い植物の代わりに吸い上げます。 間作林を成功させるには、土地所有者が土地、土壌の種類、気候を綿密に評価し、よく知らなければなりません。 間作林には多くのバリエーションがあり、アレイ栽培は木や生垣の列を狭い空間で植え、列と列の間に植えた作物の成長を促すシステムです。 マラウイで10年にわたって行われた試験では、トウモロコシをグリリシディアの木の間に植え、木を植えない畑で肥料を与えずに育てたトウモロコシと収穫を比較しました。 結果、アレイ栽培の収穫が3倍でした。 他にもバリエーションがあり、エバーグリーン農業、帯状栽培、境界システム、シェードシステム、森林農業、森林園芸、マイコフォレストリー(森林キノコ栽培)、シルボパスチャー、牧草地栽培などです。 20世紀の間に工業型農業に席を譲り、すたれてしまった間作林は、人間を土に呼び戻し、土を再生し、土の豊かさを取り戻すことに向いた食糧栽培の変革をおこせる数々の技法のひとつです。 2050年までの成果ランキング17位 CO2削減 17.2ギガトン 正味コスト 15.73兆円 正味節約額 2.36兆円
間作林 TREE INTERCROPPING content media
0
0
34
MIRAI AGENCY official
2021年3月07日
In FOODー 食
窒素肥料は20世紀に農業システムの生産力を飛躍的に高めましたが、合成窒素の一部は収量を増やしますが、植物によって利用されなかった窒素は計り知れない問題を引き起こします。 ほとんどの窒素肥料は土壌の有機物を科学的に破壊します。 窒素は地下水浸透し最終的に河川に流れ着くと、水の華と呼ばれる藻類の大繁殖やデッドゾーンと呼ばれる酸欠海域を発生させます。 二つの現象は世界500か所で見つかっています。 窒素濃度の上昇は魚の大量死の原因にもなります。 亜酸化窒素は、二酸化炭素の298倍も協力な温室効果ガスです。 適切に肥料を管理すれば、施肥効果が向上し、やがて亜酸化窒素に代わる可能性を減らせます。 効果的な肥料管理の4つは【4R】として、Right Source(適切な養分源)、Right time(適切な時期)、Right place(適切な場所)、Right rate(適切な量)です。 おそらく肥料由来の亜酸化窒素の排出に対処するうえで最も重要なことは【適切な量】です。 多くの場合、生産者は推奨量よりも多く肥料を与えます。その結果、農業では適量をはるかに超えて肥料を施すのが常になり、ますます亜酸化窒素が排出されやすくなります。 肥料の量を減らせば排出を制御できるという知識があったとしても、農家は必要量以上に施肥し、肥料販売業者から得た情報を優先する傾向があります。 窒素肥料の価格は生産者の多い地域では比較的安価に据え置かれ、補助金対象になることもあります。 適切な肥料管理が採用されるには、教育と支援、そして農家への推励策、農家が施肥できる量を制限する規制強化が必要です。 アメリカン・カーボン・レジストリ(ACR)は、研究者と協力して施肥量の削減を対象にしたカーボンオフセットの方法を開発しています。 施肥量を削減した農家が最終的に支払いを受けることができる仕組みです。 肥料関連の規制はばらつきが大きく、規制を定めて守らせることは困難です。 中国では、自給率と食糧安全保障の国家目標があり、サハラ砂漠以南のアフリカなどは国民への十分な供給を確保するために、肥料をもっと多く使わざるをえないかもしれません。 2017年現在、合成窒素肥料への依存度を下げたのは、デンマークとオランダの二か国だけです。 国連食糧農業機関(FAO)と世界銀行は、すべての国の肥料消費についてすぐれたデータを発表しており、ほどんどの国で過去10年間の肥料使用量が着実に増えています。 国連環境計画(UNEP)の推定では、肥料の使い方が20%改善されれば、2,000万トン以上の窒素肥料が不要になり、5兆円から43兆円が節約される見込みです。 肥料管理が気候にもたらす利益はより持続的で、飽和状態になるおそれはありません。 肥料の使用量を減らせば永久に排出を回避することになるのです。 しかもこの解決策の実行は新技術投入など必要なく、農家が単に投入量を適度に減らすだけでよく、非常に単純です。 2050年までの成果ランキング65位 CO2削減 1.81ギガトン 正味コスト データ変動が大きすぎて算定できず 正味節約額 10.95兆円
窒素肥料の管理 NUTRIENT MANAGEMENT content media
0
0
8
MIRAI AGENCY official
2021年3月05日
In FOODー 食
環境再生型農業はやせた土地を回復させる農業です。 例えば、耕さない不耕起栽培、多様な被覆作物、農薬や化学肥料は一切使わないか最小限、などの方法があります。 炭素は、太陽の助けを借りて糖に変換さると、植物や食料を生み出します。 環境再生型農業は微生物を増やします。 慣行農業は土壌炭素の回復は優先しません。土を化学肥料や農薬を投入する媒体として扱います。 農地を耕せば土壌から炭素が放出されます。 環境再生型農業の原則の一つは耕さないことです。 地球の土壌中の炭素の少なくとも50%が過去数世紀の間に待機中に放出されたと推定しています。 その量は実に800億トンです。 農薬に頼った農業から炭素を元あった場所に戻せる農業に移行すれば、もっと効率かつ生産的に土の力を借りた農業ができます。 炭素を増やすことは土壌の生物を増やすと言うことです。 炭素が土壌有機物に貯留されると、微生物が繁殖し、土質が良くなり、根が深く張り、栄養状態の良い植物は害虫に強くなり、肥料が必要ないくらいに土壌肥沃度(どじょうひよくど・植物生育を維持する土壌能力)が向上します。 環境再生型農場では、小麦、ヒマワリ、大麦、オート麦、エンドウ、レンズ豆、アルファルファ干し草、亞麻などの作物を輪作(りんさく・同じ土地に何年かに一度別の種類の農作物を作る方法)することがあります。 植える作物の多様性を持たせ、害虫や菌類がまとまって蔓延しないように保険をかけているのです。 ケイブ・ブラウンは2008年から肥料を一切使わず、15年間農薬や殺虫剤も使っていません。 長い間、農薬や化学肥料なしでは世界を養っていけないというのが通念でした。 しかし、USDA(米国農務省)は今、土を耕すことと農薬・化学肥料を控える農法を試行しています。 土を養えば大気中の炭素が減ります。土壌浸食と水の枯渇で負担するコストは、米国で年間4兆円、世界全体では43兆円です。その96%は食糧生産に由来します。 環境再生型農業は人物、土壌、気候の健全さに同時に取り組みながら、農家の経済的な幸福も高める最大の機会の一つです。 2050年までの成果ランキング11位 CO2削減 23.15ギガトン 正味コスト 6.1兆円 正味節約額 206.51兆円
環境再生型農業 REGENERATIVE AGRICULTURE content media
0
0
29
MIRAI AGENCY official
2021年3月04日
In FOODー 食
米は世界全体の消費カロリーの5分の1を占め、小麦やトウモロコシより多く、30億人の日々の食事に欠かせない主食です。 現在、稲作は農業由来の温室効果ガス排出量の少なくとも10%を占め、世界全体のメタン排出量の9〜19%を占めています。 水田からのメタン放出は地球が温暖化するにつれて増えることになります。 メタンの地球温暖化係数(GWP)は最大34倍です。 SRIーSystem of Rice Intensificationー(イネ強化法)は1980年代に農学者のアンリ・デ・ロラニエによって偶然発見されました。 稲作に必要な投入(種もみ、水、肥料)を減らしながら、収量は飛躍的に増やすホリスティックな稲作法です。 世界中で400万〜500万人の農民が実践しています。 インドでは2012年に1ヘクタールの農地から24.7トンの米を収穫して世界記録を達成しました。それは同じ面積の通常の収穫が4.5〜5.5トンですから、その差は歴然としています。 SRIは、つまるところ日光、空気、栄養をたっぷり与えて米を理想的な生育環境を整えることです。 収量が従来の稲作より50〜100%増加するだけでなく、種もみの使用量は80%〜90%、水の投入量は25〜50%減少します。 また、イネは干ばつ、洪水、暴風雨と言った気候変動にも抵抗力があることがわかっています。 ただし、農家がまだSRIを学んでいる初めの数年は必要な労働投入量は従来の稲作より多くなることがあります。 しかし、農家の収入が倍増する可能性もあります。 SRIの実践には従来の集約農法と違い何も買う必要がなく、小規模自衛農家にとって極めて実現しやすいと言うことでもあります。 地球温暖化対策としてこうした取り組みを広めれば、低排出の稲作が世界的に根付いていくでしょう。 2050年までの成果ランキング24位(改良方稲作) CO2削減 11.34ギガトン 追加コスト不要 正味節約額 55.54兆円 2050年までの成果ランキング53位(SRI農法) CO2削減 3.13ギガトン 追加コスト不要 正味節約額 72.52兆円
稲作法の改良 IMPROVED RICE CULTIVATION content media
0
0
11
MIRAI AGENCY official
2021年3月03日
In FOODー 食
層というのが森林の決定的な特徴の一つで、下生え、下層植生、林冠、うっそうとしげる薄暗い熱帯林の最上層から最大樹高のエマージェント(超高木)まで、森林は層を成しています。 多層的アグロフォレストリー(森林農法)は、この自然な構造からヒントを得て、高い木の上層と1層以上の作物の層からなる下層を混成したものです。 多層的アグロフォレストリーが栽培しようとしているものとして、マカダミアとココナッツ、ブラックペッパーとカルダモン、パイナップルとバナナ、コーヒーとカカオ、ゴムと木材といった有用な素材などの例があります。 また、環境面の利点として、多層的システムは侵食や洪水を防ぎ、地下水を涵養し痩せた土地や土壌を再生し、生息地や分断された生態系を結ぶ回廊を提供することで、植物多様性を支え、大量の炭素を吸収して蓄えます。 多層的アグロフォレストリーの1ヘクタールは植林や森林再生に匹敵する炭素隔離速度を達成できます。 そこに食糧生産という利点も加わります。 現在世界には1億ヘクタール近い多層的アグロフォレストリーがあります。 カカオは約800万ヘクタール、コーヒーは約600万ヘクタールの日陰で栽培されています。 短期収穫のために多くの農家が直射日光栽培に移行してしまっていますが、直射日光(サングロウン)栽培のコーヒー農場は、急速に土壌資源を消耗させるモノカルチャー(単一栽培)です。 多層農法はサングロウンよりも2〜3倍寿命が長く、何百年でも持続可能です。 さらに、より自然な害虫駆除、施肥、水分吸収の方法が採用され、お金の節約になり農薬も少なく済みます。 よって、シェイドグロウンのコーヒーやカカオは質が高く、高値で売れる可能性があります。 その他の利点として、急斜面ややせた耕地などでも栽培可能です。 薪を取る場合にも、自然林への負担を軽くできます。 アグロフォレストリー1ヘクタールあたり12.5〜50ヘクタールの森林破壊を防げます。 このように明確な強みがあるのに、一般的な農業カテゴリーとひとまとめにされているこが多く、注目を受けていません。 そこには、認識と理解の問題以外にも、複雑なシステムを確立するためのコストや、リターンまでの時間などの課題も絡んでいます。 多層的アグロフォレストリーは湿度の高い気候を必要としますが、可能な場所ならばかなり高いインパクトを期待でき、一度確立されてしまえばかなりの採算が取れます。 炭素隔離速度が速く、栽培システムのエネルギー効率の高さは世界でも群を抜いています。 0.02カロリーのエネルギーで1カロリーの食料を生産すると言われています。 小さい区画での生産が最大化するとともに、人口密度の高い地域に住む小規模自営農業にとっては理想的な農法になります。 資金の壁を克服し、市場的刺激と生態系サービスに対価を支払うことで、人間と気候のために多層的アグロフォレストリーの恩恵を受けることができるようになるでしょう。 2050年までの成果ランキング28位 CO2削減 9.28ギガトン 正味コスト 2.87兆円 正味節約額 75.95兆円
多層的アグロフォレストリー(森林農法) MULTISTRATRA AGROFORESTRY content media
0
0
110
MIRAI AGENCY official
2021年3月03日
In FOODー 食
人類の40%が使う調理燃料は、薪、炭、動物の糞、作物残渣、石炭です。 こうした固形物が燃えると、多くの場合、家庭内や換気が限られている場所で、毎年430万人の早期死亡の原因になっています。 こうした固形燃料で調理することがもたらす害は、家庭や家族にとどまらず地球の気候にも及んでいます。 昔ながらの調理法は、世界全体の年間温室効果ガス排出量の2〜5%を占めます。 第一に、持続可能でない燃料採取によって森林破壊と劣化が進行し、第二に調理過程で燃料を燃やすと、二酸化炭素、メタン、不完全燃焼による汚染物質が放出されます。 ブラックカーボンは気候に特に有害で、健康にも有害です。 家庭燃料の燃料は、他の温室効果ガスとともに、ブラックカーボン排出量の約1/4を排出している為、それを制御する決め手はクリーンな調理コンロです。 様々な改良型の調理コンロ技術が存在し、排出量に対する影響も様々です。 最も有望なのは、ガス化技術を用いた高度なバイオマスコンロです。 2010年に国連財団が立ち上げたGACC「クリーンな調理コンロ普及のための世界連盟」は、調理がうまくでき、燃焼効率が良く、人も地球も害さない家庭用調理技術の活発なグローバル市場を創出することを目指しています。 そういうコンロが2020年までに1億台採用され、2030年には世界共通に採用されることを計画しています。 多くの場所で燃料を集め、食事を準備する弊害をもろに受けているのは、女性と女児です。 クリーンな調理コンロは貧困を根絶し、暮らしを底上げする可能性を持っている事になります。 クリーンな調理は、気候変動を抑える迅速な変化につながると言えます。 調理による排出削減の機会は年1ギガトンの二酸化炭素かそれと同等の範囲にあると考える研究者もいます。 その可能性を終わらせないためには、手頃な価格で現地に適した耐久性のある調理技術の開発と採用を拡大することが不可欠です。 2050年までの成果ランキング21位 CO2削減 15.81ギガトン 正味コスト 7.73兆円 正味節約額 17.79兆円
クリーンな調理コンロ CLEAN COOKSTOVES content media
0
0
36
MIRAI AGENCY official
2021年3月03日
In FOODー 食
地球温暖化の原因として、食事がもたらすインパクトは、化石燃料エネルギーと肩を並べるほど強烈です。 食料の生産から流通、消費までの相互関係は複雑で、化石燃料を動力とするトラクターに漁船、輸送、加工、農薬・化学肥料、包装材、冷蔵冷凍、スーパーマーケット、キッチン。 多くの人が好んで食べる、 ”食肉文化” には、600億頭以上の陸上生動物が必要な上に、どの動物に食べさせる飼料と牧草のために農地の半分近くを使わないと維持できません。 二酸化炭素、亜酸化窒素、メタンなど、家畜由来の温室効果ガスの年間排出量は全体の18〜20%を閉めると推定されています。 そして、農業から、森林伐採、食料廃棄まで全ての食料関連と畜産の排出量を合わせると、エネルギー供給分野と並んで地球温暖化の原因の第一位になります。 二酸化炭素をはじめ温室効果ガスを待機中に放出する食料生産から、炭素を回収する食料生産へと移行し、土の健康、利用できる水資源、収穫、そして最終的には栄養と食の安全保障を増大させる手段にすることは可能なのです。
FOOD ー食ー イントロダクション content media
0
0
8
MIRAI AGENCY official
2021年3月02日
In ENERGY
SWH(太陽熱温水器)は太陽エネルギーを熱エネルギーに変換する最も効率的な技術の一つとみなされています。 20世紀に変わる頃、SWHは南カリフォルニア全域に普及しました。 1920年代にマイアミがブームになると、太陽光集熱器もブームになりました。 現在、中国が世界のSWH容量の70%以上を占めていますが、ほぼ全ての気候帯のさまざまな国で、SWH技術が利用されています。 キプロスとイスラエルでは、1980年代からSWHが義務付けられており、住宅の90%がシステムを備えています。 太陽熱温水の主な用途は住宅ですが、大規模な設備も増えています。 投資回収期間は2〜4年と短くなっています。 水を温めることが、エネルギー消費の大きな割合を占めています。 シャワー、洗濯、食器洗いのお湯は、世界全体で住宅のエネルギー消費の1/4を占めています。 商業ビルでは、約12%です。 その燃料消費をSWHは50〜70%削減できます。 米国がSWHの可能性を最大限に引き出した場合、天然ガスの消費量は2.5%、電気使用量は1%削減でき、毎年5,700万トンの炭素排出を回避できる可能性があります。 これは、石炭火力発電所13箇所、または自動車990万台に匹敵する数字です。 2050年までの成果ランキング41位 CO2削減 6.08ギガトン 正味コスト 3,210億円 正味節約額 82.79兆円
太陽熱温水 SOLAR WATER content media
0
0
16
MIRAI AGENCY official
2021年3月02日
In ENERGY
エネルギー転換が進行しています。 炭素系燃料から再生可能エネルギーへの転換。 そのブレークスルーの一端は分散型エネルギー貯蔵です。 住まいや職場で生産したエネルギーを保持する技術です。 分散型エネルギー貯蔵はエネルギー産業を変容させると言えそうです。 大規模な発電所から配電される場合、電気はまず高圧送電線に入り、降圧変圧器を通って地域の送電網に流れ込み、ようやく家や職場にたどり着きます。 分散型エネルギーシステムはこの順序をひっくり返します。 消費者はピーク需要の高い料金を避けそのぶん弾力的に立ち直りの早いグリッドになり、電圧低下や停電の原因になる需要の急増を防ぐことにつながります。 風と太陽など再生可能エネルギーは自然変動します。 これは需要と供給を厳密に監視しなければならない、電気事業者にとって厳しい課題です。 グリッドからの独立性を構築するには、入手しやすい価格の蓄電装置が必要です。 企保的にストレージには2つ方法があります。 単独で使えるバッテリーか電気自動車です。 ストレージのコストは2009年の1キロワット時13万円から2016年の約2万円まで下がりました。 数年のうちに一キロワット時5千円になると予測されています。 過去20年間、太陽光発電のコストと成長が予測を良い意味でことごとく裏切ってきたのと同様に、バッテリー価格の予測も外れ続けています。 2020年までにバッテリー価格が1キロワット時2万円になると予測しましたが、テスラなどが2016年に達成しました。 現在のコストで、分散型エネルギーシステムに53.5兆円投資すると、米国の企業と家庭は今後30年間でピーク需要の電気料金を428兆円節減できるでしょう。 バッテリーのコストは今後4年で半減する可能性があり、節減額も増え、再生可能エネルギーへの依存度を高めれば、気候変動にも大いに貢献することになります。 分散型貯蔵システムは、再生可能エネルギーの普及を促進し、石炭、石油、ガスによる発電の拡大を回避します。 導入パターンは利用される環境が都市部か農村部化によって異なります。 いまでは、ソーラーパネル製造にかかるエネルギーコストは大幅に下がりました。 バッテリーも同じ道を歩んでいます。 そうなれば、これから開発されるであろう、センサー、アプリ、ソフトなどによって動く全く新しい未来のエネルギーグリッドが稼働することになります。 2050年までの成果ランキング77位 コストと節減額は再生可能エネルギーに含まれる
エネルギー貯蔵(分散型) ENERGY STORAGE(DISTRIBUTED) content media
0
0
5
MIRAI AGENCY official
2021年3月02日
In ENERGY
発電からの排出量を削減し、自然変動する再生可能な電力源へ移行するならば、貯蔵は不可欠です。 経済が変動性再生可能エネルギー(VRE)に移行するにつれて、エネルギー貯蔵システムを備えたグリッド管理が極めて重要になります。 再生可能エネルギーが総電力の30〜40%を占めるようになると、その変動性はより複雑になり、グリッドが確実かつ経済的に対処するのが難しくなります。 余剰を克服する方法の一つは、高圧直流(HVDC)送電線を介して、わずかな送電ロスで数千キロを送電することです。 こうした問題に正確に対処する一連のエネルギー貯蔵技術もあります。 どうすれば大量の電気を蓄えられるのでしょう。 一つの方法として、低い貯水池から高所にある貯水池に水を汲み上げ、その水を再び下に落とすことによる発電させることができます。 電力が余る夜間に水を汲み上げ、需要と価格がピークを達した時に水を落とします。 現在、世界には200以上の揚水式蓄電システムがあり、世界の蓄電容量の99%を占めています。 これを可能にするには、対応できる地形が必要になります。 水を必要としない方法として、ネバダ州では、レールでエネルギー貯蔵を実験しています。 電力が豊富な場合、230トンの岩石とセメントを詰んだ鉱山用鉄道車両が、900M上の車両基地まで送られます。 下る途中で、回生ブレーキシステムが転がり抵抗を電力に変換します。 これら2つのエネルギー貯蔵策の中核技術は1世紀以上昔からあります。 もう一つ、規模を大きくしたバッテリーもあります。 ピーク需要を満たすために、リチウムイオン電池バンクの設置を進めている電気業者もあります。 2021年までに、LAは天然ガスのピーク発電所を停止し、エネルギー需要が少ない夜間は風力発電、朝は太陽光で充電される18,000個のバッテリーに移行する予定です。 また、数十社の企業が、エネルギー貯蔵に革命をもたらす低コスト、低毒性、自動発火しない安全な、未来のバッテリーの開発を競い合っています。 2050年までの成果ランキング77位 コストと節減額は再生可能エネルギーに含まれる
エネルギー貯蔵(発電所規模) ENERGY STORAGE(UTILITIES) content media
0
0
11
MIRAI AGENCY official
2021年3月02日
In ENERGY
グリッドとは世界の85%以上が依存している発電、送電、蓄電、消費の動的なネットワークです。 グローバルエネルギー転換は化石燃料からクリーンで再生可能なエネルギー源に大規模に移行することです。 グリッドシステム全体の変革です。 地熱蒸気、流水、燃焼バイオマスは化石燃料発電に近い発電ができます。 風力と太陽光は季節やタイミングによって変動します。 現在のグリッドは風力を想定した設計になっていません。 急速に変化する情勢の中で、電力供給とエントユーザー需要が一致する最善なグリッドに必要なのは 柔軟性 です。 電力供給が主として、完全に再生可能になるには、グリッドが今よりも融通の効くものになる必要があります。 長年培われた揚水式水力発電の技術から、圧縮空気などの最新技術まで、発電所規模の蓄電手段がますます重要になります。 小規模では電気自動車・その他バッテリーが決め手です。 デマンドレスポンス(需要応答)技術は、グリッド上で需要側のエネルギー利用をリアルタイムに調整して需要ピーク時を回避できるようにします。 グリッド接続が広域にまたがる場合、場所によって風の強弱があり、総出力で見れば再生可能エネルギーの変動は少なくなります。 スペインは、グリッドオペレーターがスペイン全土の風力発電のほぼ全てを制御しています。 一元管理することで、風量発電を15分以内に特定のレベルに制御できます。 北西ヨーロッパでは、近隣国の電力システムと相互接続すれば、余剰電力を活用し、バックアップ供給に備えることができます。 柔軟性を補助する様々な運営方法があり、予測が電気事業者の最も重要なツールです。 デンマークでは一日前予測ですがリアルタイムにデータが更新されます。 そして予測の精度は絶えず磨かれていきます。 必要に応じて、供給側に発電の削減を要求することもできます。 2050年までに再生可能エネルギー発電率80%が世界規模で現実になる可能性があります。 それはすでに20〜40%を占めようとしています。 そして、バランス維持は予想よりも健闘し上手く機能しています。 再生可能エネルギーとより柔軟なグリットが両輪となって、グローバルなエネルギー転換が可能になります。 グリッドの柔軟性は再生可能エネルギーが地球上の第一エネルギーになるために必要な手段なのです。 2050年までの成果ランキング77位 コストと節減額は再生可能エネルギーに含まれる
グリッド(送電網)の柔軟性 GRID FLEXIBILITY content media
0
0
9
MIRAI AGENCY official
2021年3月02日
In ENERGY
微生物が、有機廃棄物から発生して地球温暖化の原因になる、メタン排出の管理に利用されています。 作物を栽培し、動物を飼育し、食べ物をつくり人々は自らを養っています。 こうした活動が残留物から排泄物などの副産物を生み出します。 その廃棄物を回避する方法はありません。 有機廃棄物は腐敗が進むにつれてメタンガスを放出します。 メタン分子は二酸化炭素の最大34倍の温室効果を発揮します。 しかし、嫌気性ダイジェスター(消化槽)と呼ばれる密閉されたタンクと装置で、メタンの分解を制御することができます。 微生物の力で残飯や汚泥を分解し、エネルギー源のバイオガスと養分豊富な肥料になるダイジェステートという産物を生産します。 実は、有機廃棄物をエネルギー資源として活用することは古くからおこなわれていました。 千年前には、イラクのアッシリア風呂水を温め、ムンバイ近郊の療養施設では1859年にバイオガスシステムを照明に利用しています。 今日では、世界中の裏庭などや産業規模で利用され、増加の傾向があります。 ドイツは2014年時点で、メタンダイジェスターが8000基近く、設備容量合計が約4,000メガワットとなっており、米国でもメタン排出への配慮として採用が増加しています。 中国の農村部では百万人以上がダイジェスターガスを利用しています。 気密性が高く酸素の少ないタンク内で、有機廃棄物が混合されると、微生物がそれを分解します。 微生物が元気な限り、消化過程は持続的に展開します。 ダイジェスターの産物にはさまざまな使い道があり、家庭レベルでは、バイオガスは調理、照明、暖房に、ダイジェステートは家庭菜園や肥料に利用されます。 重要な点は、バイオガスが燃料源としての木材、炭、家畜の糞の需要を減らし、結果健康にも有害な煙を減らすことです。 産業規模で生産される場合、暖房や発電のための化石燃料をバイオガスで代替できます。 また、温室効果ガスの削減に加え、埋め立て処理の量と水を汚染する排水も減らし、臭気や病原体の問題を解消します。 2050年までの成果ランキング30位(大規模) CO2削減 8.4ギガトン 正味コスト 21.55兆円 正味節約額 15.92兆円 2050年までの成果ランキング64位(小規模) CO2削減 1.9ギガトン 正味コスト 1.66兆円 正味節約額 1.49兆円
メタンダイジェスター METHANE DIGESTERS content media
0
0
60
MIRAI AGENCY official
2021年3月02日
In ENERGY
何千年間も、人々は水と重力を利用し水車を回し機械を動かし、そして19世紀には電気を作りました。 水力発電ダムは膨大な量の電気を生み出します。 しかし、広大な自然環境と人間の居住地を飲み込み、水の流れと水質、土砂などが堆積することもあり、魚の回遊にも影響を与えます。 自然の小川の中に設置される小水力タービンは、貯水池を設けずに先に述べたような悪影響もなくそのエネルギーを利用できます。 わずかな支えの構造が必要なだけで、遮断物、水路変更、貯水は必要なく、炭素排出も起きない、環境に負担をかけない再生可能エネルギーを生産できるのです。 ただし、水中装置がある以上、川の生物には影響を与えるのも事実です。 それには、慎重な設計と設置が重要です。 水力タービンは比較的とぎれのないエネルギーを供給し続けます。 維持費も初期費用も低額で、小さい水路でも発電できます。 都市環境では、水道の本管を利用して発電もしています。 オレゴン州ポートランドでは、1メートル幅のタービンが地下水道管の内径にぴったり収まります。 全米評価によると、技術的に取り出せる流水エネルギーは年100テラワット時を超え、その95%はミシシッピ州、アラスカ州、太平洋岸北西部、オハイオ州、ミズーリ州の水文地域 (水循環を主な研究対象とする水文学の基準に基づいて地域を区分した地図) にあります。 15年前の風力発電の状況に似ていて、新しく希少な技術であり小企業が参入していますが、小水力と潮力エネルギーに類似点が多く、研究と投資が急増していることは企業の追い風になっています。 水路の流れを変え、その活力を損なったり、洪水が発生するようになったプロジェクトもあります。 川の力を適切に利用するならば、古来のエネルギー形態が私たちの未来にとっても重要になるでしょう。 2050年までの成果ランキン48位 CO2削減 4ギガトン 正味コスト 21.67兆円 正味節約額 60.82兆円
小型水力発電 IN-STREAM HYDRO content media
0
0
4
MIRAI AGENCY official
2021年3月02日
In ENERGY
容量100キロワット以下の小型風力タービンは、小さい農場や商売で使うような小さな土地に一つだけ設置されるのが一般的で、水をくみ上げることもあったり、農村部を電化するために利用されたりします。 米国の農村部の多くでまだ送電網が普及していなかったとき、そのギャップを埋める為に自家発電の風力エネルギーがよく利用されていました。 アジアの発展途上国を中心に、11億人いる電気を利用できない人々に電力を供給できるのは、こうした小規模システムです。 同時に高所得国の小型風力発電は、発電所規模の再生可能エネルギーと組み合わせれば、エネルギー生産を補完するものになります。 風から発電する効率(設備利用率)は一般的に25%以下で、その技術は商業風力産業と比べるとまだ初期段階にあります。 しかし、小型風力タービンならではの強みは、発電所規模の風力発電によくある問題が起こりにくいことです。 また、美観を損ねるという問題が生じにくく、無音に近いので騒音苦情にもなりにくいです。 小型風力タービンの主な需要はオフグリッド用途です。 つまり、風が吹かないときには発電機と併用されることが多いです。 世界中で、100万機以上が使われており、その大半は中国、米国、英国です。 小規模風力発電のキロワット当たり価格は発電所規模の風力発電よりはるかに高く、投資回収期間も長くなりがちです。 超高層ビルなど、高所に設置すれば、より安定した風を利用できます。 2050年までの成果ランキング76位 CO2削減 0.2ギガトン 正味コスト 3.86兆円 正味節約額 2.13兆円
小型風力発電 MICRO WIND content media
0
0
3
MIRAI AGENCY official
2021年3月02日
In ENERGY
米国の石炭火力発電所・原子力発電所の発電効率は34%です。 エネルギーの2/3が無駄に空を大気を暖めています。 コンジェネレーションは、それらエネルギーを冷暖房や発電に有効利用させます。 CHP(コンバインド・ヒート・アンド・パワー)と呼ばれるコンジェネレーションシステム(以下 コンジェネ)は、発電で発生する余分な熱を捉え、その熱エネルギーを地域暖房などに利用します。 発電には低効率がつきものなので、コンジェネが排出を削減し、コストを節約するのは大変意義があります。 現在稼働しているものは、ほとんどが工業部門です。 87%が化学、製紙、金属製造、食品加工などの集約型産業で使われています(米)。 デンマークやフィンランドなどCHP割合が高い国では、コンジェネが地域暖房に利用され、発電の重要な部分を占めてます。 フィンランドには木材という資源が世界一あることから、大規模な製紙業や林業にバイオマスを基本としたコンジェネが利用されています。 2013年時点で、フィンランドの地域暖房の69%はコンジェネシステムによってです。 デンマークでは、1903年にCHP導入し、その技術採用を後押ししたのは1970年の石油危機です。 それ以降、発電を集中型から分散型ネットワークに切り替える支援政策、再生可能エネルギーを採用する為の税制などの奨励政策が取られてきました。 さらに、国連の気象変動交渉に積極的に参加し、温室効果ガス排出量の削減を進めています。 地域暖房の80%と電力需要の60%以上がCHPで供給されています。 家庭用マイクロコンジェネレーションユニットもあります。 通常は天然ガスを燃料とし、燃料電池や発熱装置になり、電気、暖房、換気、空調を提供します。 極めて効率が高いのですが、価格などの問題が採用を妨げています。 そんな中、米国は電気事業者からの反発により、ヨーロッパに遅れをとってきました。 MIT(マサチューセッツ工科大学)のCHP計画が裁判沙汰にもなりましたが、結局妨害は否決されMIT の最先端コンジェネシステムは完成に近づいています。 経済合理性もあり、工業・商業・一般住宅の用途でも、また再生可能エネルギーを利用できない者でも、コンジェネならば同量の燃料で、同じコストでより多くのエネルギーを生産できます。 送電線の必要が低い分散型システムは、分散型スマートネットワークへの入り口として大きな役割を果たします。 そして、コンジェネレーションは水使用率と熱水汚染の削減にもつながるのです。 2050年までの成果ランキング50位 CO2削減 3.97ギガトン 正味コスト 29.89兆円 正味節約額 60.67兆円
コンジェネレーション CONGENERATION content media
0
0
10

MIRAI AGENCY official

管理者
その他